お葬式で大事になってくるマナー

お葬式にはマナーがある

お葬式にはマナーがある 世の中では何事においてもマナーが存在します。時には間違ってはいけない瞬間もあるでしょう。特にお葬式はやり直しがきかない場です。さまざまな人が訪れる中、マナーや礼儀作法を守らないという状況は有り得ません。覚えておいて当たり前のことが多く、できて当然とみなされるのは、社会的常識に基づいているからです。知らなかったということもあるかもしれませんが、いざというときに困らないように知識として蓄えておくことが必要になってくるでしょう。

例えばお通夜に参列することは意外と多いものです。近年は一日葬といってお通夜を取りやめてしまう方法も出てきました。お通夜はもともと日本の習慣的な部分で、生前と同じように食事をして送り出すといったことがお通夜になりました。亡くなってしまったことを受け入れがたい状態であることが、この大事な時間につながっているといえます。しかしだんだんと変化してきたことで家族だけで見守る仮通夜といった形になり、本通夜と分けられるようにもなりました。現在ではお通夜のほうが多くの参列者があるといったケースも一般化しており、告別式と変わらないような祭壇を作ることもあります。

お通夜は遺族や近親者にとって大事な時間です。マナーを守ることも重要であり、お通夜だから適当に参列するといった考えでは、迷惑をかけてしまうことになるでしょう。遺族や近親者は精神的に動揺していることが多く、肉体的にもかなりの疲れがたまっています。特に長い間看病していたりすると、疲労は一瞬のことではありません。非常に長い時間を過ごしてきた中で、悲しみに暮れ力が抜けてしまうような状態になっていることもあるでしょう。身近な人が突然亡くなられたときには、精神的にも大きなダメージを受けている瞬間であることを理解しておかなければなりません。とてもつらい時間の中に対して弔問に訪れるという状況を理解したうえで、十分な配慮をしていくことが求められます。

お通夜だけでも多くのマナーが存在します。お互いの心情的な部分もありますし、お葬式という儀礼的な部分もあります。宗教や宗派によっての違いもあったりしますが、細かい点についても相応の配慮をしていく必要があります。お葬式には他にもいろいろなマナーが存在していて、施主側にも守らなければならないマナーが存在していますので、いったいどのようなことがあるのかしっかり把握し、ちょっとしたことであっても知っておくようにしましょう。

最新記事